お知らせ・更新情報
院長からのメッセージ

 

徳永一道 院長 本願寺派宗学院は、是山惠覺・花田凌雲和上の発案によって、大正13年(1924)の10月頃に佐々木鉄城・大江淳誠師らが研究員となって始められ、翌年4月に正式に発足しました。今から思えば錚々たる顔ぶれだと言わざるを得ませんが、その後も宗門教学の中心となるべき学者を輩出してきました。その研究成果は『宗学院論輯』として、現在第93号まで発行されています。

・・・続きはコチラ ≫ 宗学院について

トピックス・関連リンク
心豊かに生きる道のりをより多くの方々へ。 フォトレポート宗学院論集 院長賞歴代受賞者 博士号習得者 宗教行事出講記録 財団法人真宗学研究財団 後援会のご案内 ダウンロード 本願寺
宗学院の講師

深川 宣暢
本願寺派勧学

深川 宣暢本 典

『本典研鑽集記』を基礎的資料として用い、宗祖の御自釈部分を丁寧に読んでいく。

大田 利生
本願寺派勧学
大田 利生大無量寿経

無量寿経を読みながら、浄土教の本質とする問題について考察を深めていく。

淺田 恵真
本願寺派勧学
淺田恵真

天台四教儀

漢文を書き下し、その意訳を試みる形式で進める。

森田 眞円
本願寺派勧学 龍谷大学教授
森田 眞円

安心論題
安心論題で教学のカナメが学べます。

武田 晋
本願寺派司教 龍谷大学教授

武田 晋三経七祖教義
親鸞聖人の教学の基盤は浄土三部経と七祖の教えにあります。

能仁 正顕
本願寺派司教・龍谷大学教授

能仁 正顕仏教概論

仏教を学べば浄土真宗の基本が分かります。

殿内 恒
本願寺派司教 龍谷大学教授

殿内 恒本典概説

本典を通して教義体系の全体像を学びます。

ページの先頭へ