別科
募集要項
▶ 平成30年度 宗学院別科受講生募集について(二次募集)

平成30年度 別科 募集要項

 「浄土真宗本願寺派宗学院」は、大正13(1924)年に創設され、宗門の礎である真宗教学の研鑽を行うとともに、教学の中心となるべき学者を輩出してきました。
 浄土真宗の根本聖典である『教行信証』をはじめとして、その他の宗祖の著作をも学び、さらに印度・中国・日本の仏教思想をその分野の権威が教授するという内容になっております。加えて院生に対する個人指導も行われ、その中から博士論文を提出する者も多数でてきています。
 また、平成14(2002)年度から「宗学院別科」を設け、広く宗学に志を有する僧侶を対象に「安心論題」「三経七祖教義」「仏教概論」「本典概説」等を開講しております。各講義は、いずれも1年あるいは2年で完結するように進められており、たくさんの方が複数年にわたって受講されています。なお、別科では聴講の制度も設けており、浄土真宗他派の僧侶の方にも門戸を開いております。
 本派宗学院において学びを深めていただきたく、多くの方々の応募をお待ちしております。

 

別科要項
別科は、宗学の基礎を学びたい方、学階を取得したい方、学階取得後に更に学びを深めたい方に対し、それぞれの要望に応え下記の科目を開講いたしております。

1.科目・講師 

履修期間1カ年  (継続受講可)
安心論題、本典概説、三経七祖教義、仏教概論
※本殿概説は2カ年を要します。

2.講 師

・安心論題 深川宣暢 勧学・龍谷大学教授
・本典概説 殿内 恒 司教・龍谷大学教授
・三経七祖教義 武田 晋 司教・龍谷大学教授
・仏教概論 藤丸 要 司教・龍谷大学教授

3.開講日程  

下記の期間における木曜日
《開講時間:午前10時~午後4時20分》

別科参拝研修
別科参拝研修
・4月19日(木)
7月5日(木)
・9月27日(木)
12月13日(木)
・1月24日(木)

 2月7日(木)

(2月7日は終了考査)

※4月17日(火)に開講式、3月12日(火)に修了式を行います。

※開講日以外に報恩講、参拝研修を予定しております。

※10月4日、11日、18日に本科講師特別講義をいたします。

 

 

4.開講場所

龍谷大学大宮学舎「本館」2階 講堂
(京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1)

5.募集人員

80名

6.応募資格

浄土真宗本願寺派教師(学階の有無は問いません)

7.特典・義務

①修了考査合格者は、学階得業取得時の予試・本試が免除されます。
②成績優秀者には、本願寺賞が贈られます。
③研究報告論文の提出があります。

8.提出書類

下記書類を宗学院宛に提出してください。

  1. ①願書並びに履歴書

 ※直接請求もしくは、宗学院ホームページから取得してください。

②出願理由書(400字程度) 
※継続受講の方は、提出の必要はありません。

9.聴 講  

本願寺派未教師ならびに浄土真宗他派(教団連合加盟教団)僧侶の方は聴講することができます。上記応募者と同様の書類を提出し、所定の聴講料を納めてください。なお、希望者は、研究報告論文の提出、修了考査を受験することができます。

10.提出締切

平成30年4月2日(月)必着

11.受講料(聴講料)

年額12万円(年度の初めに納入していただきます)

12.その他

①審査および判定に関する問い合わせには応じることができません。

②判定結果および入学手続きについては、本人宛に郵送にて通知いたします。

お問い合わせおよび願書請求先

〒600-8501  京都市下京区堀川通花屋町下ル
浄土真宗本願寺派宗務所勧学寮内  宗学院事務室宛
TEL075-371-5181(代)
FAX 075-371-3187

心豊かに生きる道のりをより多くの方々へ。 フォトレポート 博士号習得者 宗学院論集 財団法人真宗学研究財団 後援会のご案内 ダウンロード 本願寺
ページの先頭へ戻る